税理士 愛知県名古屋市/名古屋の税理士事務所

所得金額320万円で所得税20%?

2012年11月20日−税理士 名古屋市/名古屋の税理士事務所

ブログランキングに参加しています。応援の1クリックをお願いします。
  ↓↓↓
名古屋市緑区「税理士もサービス業奮闘記」のランキングは?
名古屋の税理士では何位?

「所得金額320万円で20%」

と、先日新聞折込に入った個人年金のチラシに記載されていました。

そして次には、個人年金に加入すると、これだけ税金が安くなります、と。

欄外に、ほかに住民税がかかります、的なことが書いてありましたから、
この場合の税率は、「所得税率」のことになります。


でも、所得金額320万円で所得税率20%はウソです。


まず
(1)「所得金額」が所得金額から所得控除を引いた「課税所得金額」の意味だったとしても
所得税税率は20%にはなりません。


所得税は累進税率となっていて、所得が高いほど税率は上がっていきます。
しかし、どんなに高所得の人でも所得全額の税率が一律高くなるわけではありません。
必ず税率低い部分があります。

では、課税所得金額320万円のときの所得税を計算してみましょう。

【参考】所得税率表

   課税所得金額       税率
    195万円以下       5%
    195万円超330万円以下  10%
    330万円超695万円以下  20%
    695万円超900万円以下  23%
    900万円超1800万円以下  33%
    1800万円超        40%

 課税所得金額320万円の場合の所得税の計算は、
    195万円以下の部分       195万円×5%=97,500円
    195万円超330万円以下の部分   (320万円-195万円)×10%=125,000円
      所得税額          97,500円+125,000=222,500円
      所得税率          222,500円÷320万円=6.9%


 課税所得金額320万円のときの平均税率は6.9%なのです。
 上記の表現では320万円すべての部分の税率が20%だと思ってしまいます。

 ただ、個人年金に加入することによって生命保険料控除は税率の高い部分10%から控除できます。
 住民税の税率は一律10%ですので、所得税と住民税合わせて20%になるのです。

 このことを表したかったのでしょう。


また、
(2)「所得金額」に所得税率を掛けるのではありません。その前に「所得控除額」が控除できます。
 所得控除額として、少なくとも基礎控除38万円は全員控除できます。
 社会保険料控除もあるでしょう。生命保険料控除もあるでしょう。

 少なくみても所得控除額は、60万円以上はあります。

 そうすると、課税所得金額は所得金額320万円−所得控除額60万円=260万円です。


 つまり、折込広告を表現を正しくすると

 「課税所得金額320万円の人は、高いところで税率20%の部分があります。」
 となることでしょう。


 ただ、これでは一般の方は何を言っているのかわっぱりわかりませんね。

 この部分をキャッチコピーらしく使うことがそもそも問題のようです。

------------------------------------------------------------------------------
社員研修にも最適です。ゲーム形式で楽しく経営力と経理を学んでみませんか。ソフトバンクアカデミアでも採用されています。まずはお試し受講をおすすめします。【原則毎月開催中】
・第65回:2012年12月1日(土)受講者募集中
■■ MG(マネジメントゲーム)1日体験研修 ■■
------------------------------------------------------------------------------
メルマガ読者募集中です。
企業経営、人的資源、マーケティング、税務・会計、建設業、医療・福祉といった幅広い情報を毎月1回お届けしています。
まずはサンプルをご覧ください → メルマガサンプル (ページ上部から登録・解除ができます。)



posted by 税理士 名古屋/名古屋市緑区のよねづ税理士事務所 at 12:56 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
税理士 名古屋/愛知県名古屋市緑区の税理士事務所
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。