税理士 愛知県名古屋市/名古屋の税理士事務所

理系と文系

2006年07月31日−税理士 名古屋市/名古屋の税理士事務所

ブログランキングに参加しています。応援の1クリックをお願いします。
  ↓↓↓
名古屋市緑区「税理士もサービス業奮闘記」のランキングは?
名古屋の税理士では何位?
 またまた、セミナー講師を何度か一緒にやらせていただいています、宇野 寛氏発行のメルマガの転載です。

 この仮説、結構おもしろいと思います。
 皆さんはどう考えられますか?

(これより引用)
--------------------------------------------------------------------

  【理系と文系】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□■  戦略会計・DC・マトリックス会計 
□■   社長のための会計学 【 マトリックス通信 】
■■   Vol.64 2006/07/28
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■今はどうなんでしょう。

 私たちの時代は、高校3年になると
 文系と理系にクラスが分けられます。

 文系か理系を選択しないと
 大学受験はできませんでした。

 ちょっと大げさに言うと、文系か理系かの選択で
 進路が決定されてしまうのです。
 
 
■将来への夢を持って
 技術者や研究員を目指して理系を志望する人、

 弁護士や会計士になりたくて文系を目指す人、
 様々でしたが、

 私のように歴史や社会が苦手なために
 理系に進む人もたくさんいました。

 その反対に、数学が嫌いというだけで
 文系を目指す人も当時は大勢いたのです。

 試験科目に数学のない大学を目指す人は
 数学はまったく勉強しませんでした。


■私は歴史が大嫌いでした。
 何がイヤかというと『暗記』です。

 歴史年表の暗記です。

  ☆いいくにつくろうかまくらばくふ
  
 という例の暗記パターンです。

 なぜかいまだに頭から離れませんが、
 興味もない上に、ひたすら覚えるのはとても苦痛でした。

 こういう勉強をさせられたお陰で
 歴史嫌いになったのかも知れませんね。^^)

 「歴史の面白さ」が分かったのは、
 社会に出でしばらく経ってからでした。

 
----------------------------------------------------------------------
■ここからが本題です。

 経理マン、税理士、会計士、銀行マンなど
 事務系の仕事に携わる人たちは「文系出身者」が
 圧倒的に多いということです。

 会計制度の根本を成す複式簿記の原型、つまり「借方、貸方」は、
 1494年にイタリアの修道僧、ルカ・パチオリがその著『ズムマ』に
 書き残したものがもとになっているとか。 


■そこでひとつの仮説を立てました。

  ☆科学がこれほど発達し、文明が進歩しているにも関わらず、
   なぜ会計の世界は500年以上経過した今でも、
   「借方、貸方」から抜けきれないのか。

  ★それは、会計には科学的、数学的な部分が
   欠けているからではないのか。

   そして最大の原因は、会計学者をはじめとする会計人の多くは
   「文系」の人たちだからではないのか。

 そして現に、数値をこれだけ扱うにも関わらず
 「会計は文系」なのです。 


■仕事を行なう上で理系と文系という分け方は、
 決して賛成するものではありません。

 しかし、会計だけに限って言えば、
 あまりにも非科学的な世界(聖域と言っていいかも ^^;)
 が広がっています。

 そして『文系・理系』という区分で分類したとき
 今の会計を経営に使うことで発生する様々な弊害が
 すっきり説明できるようになるのですね。


■続きは次週へ…

 ところで以前にこのメルマガで紹介した
 大阪のコンサルタント、山名武史さんの文章を思い出します。


 ☆★ あんなに大量の数字を扱いながら、なぜか会計学は文科系 ★☆
----------------------------------------------------------------------
●第3には、会計学の罪が非常に大きいことです。
 あれだけ大量の数字を扱いながら、
 なぜか会計学は日本では文科系なのです。

 せっかく、科学の標準語である数字を同じく対象にしながら、
 会計・経理の世界は驚くほど非科学的です。

 そして”専門家”と称する連中が勝手に聖域を作ってしまい、
 外からの意見には耳を貸そうとしません。

 本来、シンプルであるべき数字の世界を、
 いたずらに複雑怪奇なものにしてしまいました。


●続きをご覧になりたい方はこちらをどうぞ。
 http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/archives/2005/10/post_22.html

----------------------------------------------------------------------
●「会計は、儲けるために活用してはじめて価値がある」

 と考えています。

 ところが一般的な帳簿には『対外報告書』としての役割しかありません。

 経営者が知りたいことに答えられないような会計では
 意味がないと思いませんか。

 まずは経営者であるあなたが
 『今の会計は難解で、経営の役には立たない!』 
 と言ってみてください。

 そこからが儲けるための会計のスタートです。
 その儲けるための会計が、戦略会計やマトリックス会計なんです。


●会計というだけで鳥肌がたっていた!? あなた。
 いまさら会計なんか! と思われる方はクリックしてみてください。

 「スナックのママの戦略会計」って…?!
  ⇒ http://www.its-mx.co.jp/mxpro/mxpro_book3.html

----------------------------------------------------------------------
●会計と聞いただけで「ぞっとする」方ほど

 うーム なるほど 面白い!

  『会計はなぜ マトリックス がいいのか?』

 あの有名な「四畳半」MQ会計表の考案者 西順一郎先生の著書です。
 
 詳細は ⇒ http://www.its-mx.co.jp/toiawase/mx_book.php

----------------------------------------------------------------------
●四方を山に囲まれた日光周辺では、厳しい冬に備えて
 山の幸を味噌のたまりに漬け込む保存法が受け継がれてきました。

 らっきょうやふきのとう、なす、しょうがなど
 季節の味をじっくりと漬けて素材の風味を残して
 仕上げるのがこのたまり漬けの特徴です。


●そしてその有名な「日光みそたまり漬」を
 製造販売している会社が、日光今市にあります。

 店構えは老舗らしくとても風格があり
 歴史を感じさせます。

 会社名は上澤梅太郎商店(うわさわうめたろうしょうてん)。


●社長の上澤卓哉さんは年に2回、店を休みにして
 MG(マネジメントゲーム)研修を開催しています。

 もちろん社員全員が参加です。
 公開セミナーなので、誰でも参加することができます。

----------------------------------------------------------------------
  ☆★ 日光MGのご案内 ★☆
----------------------------------------------------------------------
◎開催日:2006年9月6日(水)・7日(木)

◎時 間:初日  朝9時30分受付 10時00開始
2日目 朝9時00分開始 17時30終了

◎会 場:メルモンテ日光霧降
〒321-1421 日光市霧降高原 TEL.0288-50-1212
送迎については上澤卓哉・りえまでご相談ください。

◎交 通:東武日光線  浅草--------日光 110分 2,620円
     JR連絡特急 新宿--------日光 116分 3,900円

     東北道・宇都宮インター ---- 日光宇都宮道路・日光インター

◎講 師:株式会社西研究所・所長 西順一郎先生 西佳恵先生

◎参加費:40,000円(宿泊費・交流会費込み)

◎持ち物:電卓(大きめのもの)またはポケコン
     シャープペンシル(ボールペンはダメ)消しゴム
     楽な服装でおいでください。

◎問合せ:上澤卓哉 takuya@tamarizuke.co.jp
     上澤りえ rie@tamarizuke.co.jp
     〒321-1261 日光市今市487 上澤梅太郎商店
     TEL.0288-21-0002 FAX.0288-22-0002

◎振込先:栃木銀行今市支店 普通預金 7801121 ニツコウエムジー


----------------------------------------------------------------------
▼日光みそのたまり漬けは一度食べると癖になる味です。

 <お店のコメント>
  人気商品「たまてばこ」は、器のまま食卓へお出しになり、
  すぐにお召し上がりになれます。
  厚手の小風呂敷でお包みしてございますため、
  ご進物にも最適です。
  https://www.tamarizuke.co.jp/shop/shopping/product.php3?oid=13465687&category=B12

 特に女性には喜ばれそうですね。

▼詳細は 
 上澤梅太郎商店:http://www.tamarizuke.co.jp/

----------------------------------------------------------------------

※【 マトリックス通信 】バックナンバーのご案内
http://www.its-mx.co.jp/magazine/backnumber/backnumber.php

▼ご意見、ご感想をドシドシお寄せください。次回もお楽しみに。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【発行元】株式会社アイティーエス http://www.its-mx.co.jp/
【発行責任者】宇野 寛  uno@its-mx.co.jp
【メルマガ登録・解除は】 http://www.its-mx.co.jp/magazine/
【ご意見・ご感想・ご質問は】uno@its-mx.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※知人・友人への転送、社内での回覧はご自由にどうぞ。その際は全文を
 改変せずにご利用ください。

-------------------------------------------------------------------
(引用ここまでです。)

恐れ入りますが、本日もお最後にクリックのご協力をお願いします。
  ↓↓↓
blogrank.gif

-------------------------------------------------------------------
全国有名書店で発売中です。
利益が見える戦略MQ会計
posted by 税理士 名古屋/名古屋市緑区のよねづ税理士事務所 at 21:09 | Comment(2) | 日記

ある町の取り組み

2006年07月27日−税理士 名古屋市/名古屋の税理士事務所

ブログランキングに参加しています。応援の1クリックをお願いします。
  ↓↓↓
名古屋市緑区「税理士もサービス業奮闘記」のランキングは?
名古屋の税理士では何位?
 本日午前、愛知県内のある町の町長さんはじめ3名の方が、私の税理士事務所に来所されました。

 この町は行政改革にも積極的で、行政経営に民間の経営手法を取り入れようとされています。

 さらに、戦略会計STRACの考え方やマトリックス会計、MG(マネジメントゲーム)も導入していこうとされています。


 現在の公会計方式は、現金・単式簿記を中心にしたもので、お金を中心とした資源がどのように使われたかを示すもののようです。

 そして、不足が出れば国が補填するというものなのです。


 しかし、これからは地方分権が進み、地方自治体に自立が求められてきます。夕張市のように破綻する自治体も出てきています。

 そこで、複式簿記の導入をはじめとした民間経営手法を導入し、現在の損益の把握はもちろん、これから先の計画立案、そして同時に職員の意識改革もしていこうという目的とのことです。


 すばらしいですね。

 今後協力させていただくことになりました。

 民間の会計を公の会計に取り入れるのは、いろいろと困難もあるでしょうが、効果をあげるお手伝いをできればと思います。


 このようなお手伝いができることに感謝、感謝です。

--------------------------------------------------------------------
 9月のセミナー受講者募集がはじまりました。

なぜ決算書を分析しても利益が上がらないのか
−数字嫌いの人でもできる儲けるための考え方−

 昨日(7月26日)中日新聞朝刊朝刊もご覧下さい。

--------------------------------------------------------------------

恐れ入りますが、本日もお最後にクリックのご協力をお願いします。
  ↓↓↓
人気blogランキング

-------------------------------------------------------------------
全国有名書店で発売中です。
利益が見える戦略MQ会計
posted by 税理士 名古屋/名古屋市緑区のよねづ税理士事務所 at 20:01 | Comment(0) | 日記

マトリックス会計ソフト導入指導

2006年07月26日−税理士 名古屋市/名古屋の税理士事務所

ブログランキングに参加しています。応援の1クリックをお願いします。
  ↓↓↓
名古屋市緑区「税理士もサービス業奮闘記」のランキングは?
名古屋の税理士では何位?
 本日は、岐阜県の某社へマトリックス会計ソフト「MX−PRO」の導入指導に訪問。

 このソフトは、勘定奉行のデータを取り込んで、直接原価計算によるMQ会計表(STRAC表)やマトリックス会計表などを表示するものです。


 今回訪問した会社は製造業。
 製造業の原価計算は、通常全部原価計算(フル・コスティング)。
 税務申告も当然全部原価計算で計算しなくてはならない。

 しかしこの全部原価計算は、会社の実態を表していないのです

 実態を見るには、直接原価計算(ダイレクト・コスティング)です。

 特に、仕掛品・半製品・製品といった在庫が多い場合は、全部原価計算では、在庫が過大に計算され、架空利益が計上されてしますからです。


 幸いにも本日の会社は在庫が少なく、直接原価計算と全部原価計算の差はわずかでした。


 社長様がもっとも感心されたのが「マトリックス会計表」

 仕訳の借方科目・貸方科目の組合せにより、それぞれ異なったセルに金額が表示されるため、自社の動きを細かく把握できます。

 もちろん、資金繰り表もこの中に表示されることになります。

 通常の「貸借対照表」「損益計算書」「製造原価報告書」に分かれていては、把握ができませんね。


 この「MX−PRO」を活用していただき、ますます業績を上げていただきたいものです。


--------------------------------------------------------------------

恐れ入りますが、本日もお最後にクリックのご協力をお願いします。
  ↓↓↓
人気blogランキング

-------------------------------------------------------------------
全国有名書店で発売中です。
利益が見える戦略MQ会計
posted by 税理士 名古屋/名古屋市緑区のよねづ税理士事務所 at 22:25 | Comment(0) | 日記

生命保険の後払い

2006年07月25日−税理士 名古屋市/名古屋の税理士事務所

ブログランキングに参加しています。応援の1クリックをお願いします。
  ↓↓↓
名古屋市緑区「税理士もサービス業奮闘記」のランキングは?
名古屋の税理士では何位?
 ソニー生命が、初回保険料の後払いのサービス開始を発表しました。

 通常保険契約をする場合には、初回保険料を現金(クレジットも可能な保険会社あり)で支払必要がありました。

 ソニー生命によれば、後払いにするメリットとして、次のものがあるとしています。

○払込開始から払込期間満了まで、口座振替によるキャッシュレスで保険料をお払い込みいいただけることになります。

○ご契約時にお客さまが現金を準備する手間やクレジットカード・キャッシュカードを面前で読み取る煩わしさが解消するだけでなく、現金を準備する間、保障開始が遅れるという事態(無保険期間)を回避することも可能となります。

○当社にとりましても、お客さまとの現金授受に伴う領収証作成や現金管理の負担がなくなることになり、契約事務の合理化が見込まれます。



 初回保険料を先払いということは、生保業界では「当たり前」であったわけで、おそらく業界の方は疑問をもつことがなかったのではないかと予想します。

 一方、加入者側は納得できないところもあるものの、先払いしなければ加入できない、ということで対応してきたのだと思います。

 このギャップに気付いた今回のソニー生命のサービスには、拍手を送りたいと思います。

 おそらく、税理士業界にも「当たり前」のことで、お客様から見ればおかしいということがまだまだあるものと思います。

 それにいち早く気付き、お客様の立場に立ったサービスをしていきたいものです。

--------------------------------------------------------------------

恐れ入りますが、本日もお最後にクリックのご協力をお願いします。
  ↓↓↓
人気blogランキング

-------------------------------------------------------------------
全国有名書店で発売中です。
利益が見える戦略MQ会計
posted by 税理士 名古屋/名古屋市緑区のよねづ税理士事務所 at 12:27 | Comment(0) | 日記

仕訳のプラスとマイナス(2)

2006年07月21日−税理士 名古屋市/名古屋の税理士事務所

ブログランキングに参加しています。応援の1クリックをお願いします。
  ↓↓↓
名古屋市緑区「税理士もサービス業奮闘記」のランキングは?
名古屋の税理士では何位?
 時間がとれず、遅くなりました。前回の続きです。


「マトリックス通信」よりの引用です。

----------------------------------------------------------------
■先週号で問題となったのは

   (借方)売掛金 XX,XXX円 /(貸方)現金 XX,XXX円

 という仕訳でした。

 これに「増減の情報」を加えると次のようになります。

   (借方)売掛金(+) XX,XXX円 /(貸方)現金(-) XX,XXX円

 売掛金が増えて(+)現金が減る(-)という情報が
 一目で分かるようになります。

 そして、仕訳に慣れていない人でも

  「何か変だなぁ」

 と感じるようになります。

 これが仕訳を情報として活用することの始まりです。

 注)この仕訳は「売掛金の返金」を意味します。

(省略)

■次の仕訳の内容を想像してみてください。 

  A:(借方)支払手形 XX,XXX円 /(貸方)当座預金 XX,XXX円
  B:(借方)消耗品費 XX,XXX円 /(貸方)売掛金  XX,XXX円
  C:(借方)買掛金  XX,XXX円 /(貸方)受取手形 XX,XXX円
 
 仕訳で表わした途端に「外国語?」になってしまいます。

 そうなんです。なぜ仕訳が分かりにくいかと言うと
 右左それぞれの科目が(+)なのか(-)なのかが
 分からないからなのですね。

 その結果、仕訳の意味が分からなくなってしまうのです。

  A:(借方)支払手形(-) XX,XXX円 /(貸方)当座預金(-) XX,XXX円
  B:(借方)消耗品費(+) XX,XXX円 /(貸方)売掛金(-)  XX,XXX円
  C:(借方)買掛金(-)  XX,XXX円 /(貸方)受取手形(-) XX,XXX円


 これはスゴイ! 大発見です。(^^)
 (+)と(-)の情報を加えただけで意味が通じるようになります。
 

■さらに摘要や取引先の情報と一緒に見れば
 これまで理解できなかった「仕訳」が
 より身近に感じられるようになります。

  (借方)買掛金  XX,XXX円 /(貸方)受取手形 XX,XXX円
  
 では意味が分かりませんが

  (借方)買掛金(-)  XX,XXX円 /(貸方)受取手形(-) XX,XXX円

 とした途端に意味が通じますね。

 買掛金の支払い(-)に受取手形を充当した(-)
 つまり裏書譲渡を意味します。^^)

(省略)

■日常発生する取引は、すべて仕訳が行なわれて起票されます。
 そしてその結果が月末や期末の試算表、決算書に集計されます。

 仕訳が分かると経営内容を数値で理解するのがとても楽になります。

-------------------------------------------------------------------
(引用ここまで)

これなら、借方・貸方の仕訳ができなくても、かなりの仕訳が読めるようになりますね。

これに、マトリックス会計表が加わると、さらにわかりやすくなるのです。

ほんのちょっとしたことで、仕訳という外国語?が読めるようになるとは、
大発見であり、皆さんにも実行していただきたいです。


【マトリックス通信】の購読は、
http://www.its-mx.co.jp/magazine/
--------------------------------------------------------------------

恐れ入りますが、本日もお最後にクリックのご協力をお願いします。
  ↓↓↓
人気blogランキング

-------------------------------------------------------------------



全国有名書店で発売中です。
利益が見える戦略MQ会計
posted by 税理士 名古屋/名古屋市緑区のよねづ税理士事務所 at 16:29 | Comment(0) | 日記
税理士 名古屋/愛知県名古屋市緑区の税理士事務所
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。