税理士 愛知県名古屋市/名古屋の税理士事務所

仕訳のプラスとマイナス(1)

2006年07月17日−税理士 名古屋市/名古屋の税理士事務所

ブログランキングに参加しています。応援の1クリックをお願いします。
  ↓↓↓
名古屋市緑区「税理士もサービス業奮闘記」のランキングは?
名古屋の税理士では何位?
 私が所属するコミュニティ(メンバーの中に経理の専門家はわずか)の中で、一般の人が仕訳を理解するのに画期的な方法が見つかりました。

 仕訳にひと工夫するだけなのですが、目から鱗です。

 この件については、セミナー講師を一緒にやらさせていただいている株式会社アイティーエスの宇野 寛社長が発行されているメルマガ「マトリックス通信」で詳しく紹介させれていますので、引用させていただきます。

----------------------------------------------
■先日、新潟のコンサルタントS氏との会話の中で、『簿記会計での仕訳がなぜこんなに分かりにくいのか』という話題になり、そしてその原因がようやく分かりました。

 これは私にとって「大発見 ^^);」 であり、これから簿記会計をマスターしようとしている人たちや会計を経営に活用したい経営者の方たちにとって
画期的なことだと思います。

 ただし、会計学者や経理マン、会計人など、会計や仕訳が、日常業務で当たり前の世界にいる方々にはこのすごさは理解していただけないかも知れませんが… (^^;;;

■逆に言えば、なぜ今までの簿記教育の中でこのことについて語られなかったのかがとても不思議な気さえします。

 私が簿記会計をマスターする際に一番大変だと感じたことは、『体系的、論理的、科学的な思考では簿記会計はマスターできない』というものでした。

  ★なぜこうなるの?
  ☆会計ではこういうものなの!
 
 という部分があまりにも多すぎるのです。
 
 「借方・貸方」から始まって、その仕組みを暗記しないと先には進めません。


■応用ができないような暗記は、その先の創造力や発想力を阻害します。試験のために必死になって歴史の年表を覚えるのに似ています。

 もちろん、暗記は必要です。しかし、暗記することが最大の目的になってしまい、その先のもっと重要なもの、つまり儲けるためのアイディアや発想にはなかなか繋がりません。

 ※簿記とは、帳簿記入の技術をマスターすることが本来の目的ですが、それがかえって「この先の儲けに対する発想の妨げになっているのでは?」と思い、今回あえて題材に取り上げました。

■ことの発端は

 (借方)売掛金 XX,XXX円 /(貸方)現金 XX,XXX円

 という仕訳でした。

  ・この仕訳はどういう意味?
  ・これはおかしい。
  ・集金をネコババした仕訳だ。
  ・もともとはどんな取引?
  ・などなど…

■一般企業にとって、この仕訳は「普通」ではありません。
 経理マン、会計人たちは
  ☆この仕訳はおかしい
 と瞬時に判断することができます。

 しかし、以前簿記を勉強した経験がある方や、現在簿記会計を学んでる人びとの多くは

  ☆売掛金は「資産」で「借方」にくるのだから「増加」し、現金は同様に「資産」で「貸方」にくる場合は「減少」する。

 と頭の中で翻訳しています。

■つまり翻訳のシステムを「暗記」しない限り簿記はマスターできないことになります。そして「この仕訳は何を意味するか?」をまとめようとします。

 ある程度、経理業務の経験を積むと以下のように考えるようになります。
 
  ・売掛金が増えて現金が減る取引(売掛金の返金)
      ↓
  ・つまり通常ありえない取引
   間違いかもしれない
      ↓
  ・もし間違いなら、現金が合わなくなっているはずだ。
      ↓
  ・あるいは誤謬訂正の仕訳かもしれない
      ↓
  ・しかし、一旦集金してきたものを何かの原因で本当に返金している可能性もある。

 そして「この仕訳は調べる必要があると」判断し、この取引の内容を確認するという作業へすすみます。

 担当者への聞き取り、証憑書類や原始記録との突合です。

  ☆もし、代金回収後にトラブルやクレームが発生し、そのことが原因で返金しているとしたら…

 たった1行の仕訳が重要な情報になるのですね。

■会計事務所の監査担当職員や税務調査官は、最低でもこのレベルに達する必要があります。

 しかしこの仕訳に「ある情報」を加えるだけで「誰にでもわかる仕訳に大変身」することが分かったのです。

 それが今回のタイトルにもなっている【仕訳、プラスとマイナス】です。


■仕訳の意味が分からないということは、

  ☆左と右(借方と貸方)に表示されている勘定科目がそれぞれどうなったのかが分からない。

 からなのです。

 仕訳が即座に理解できる人は、借方、貸方それぞれに表示される勘定科目が増加したのか、減少したのかが瞬時に判断できる訓練をしたからです。

■では最初から仕訳に「増減の情報」が表示されていたらどうでしょうか。

 (借方)売掛金(+) XX,XXX円 /(貸方)現金(-) XX,XXX円

 売掛金が増えて(+)現金が減る(-)のです。
 果たしてこれはどういう取引なのでしょうか。

 仕訳に慣れていない人でも「何か変だなぁ」と感じるようになります。
 これが仕訳を情報として活用することの始まりです。

■簿記ではこの仕訳は「売掛金の返金」を意味します。

 日常ありえる仕訳ですが、この仕訳は何?と感じ取る感覚が必要なのですね。
 もちろんマトリックス会計表では一目瞭然ですけど ^^)

 次回はこの問題をもう少し具体的に考えてみます。

-------------------------------------------------

 長いので、このブログでも2回に分けたいと思います。

 上記にありましたように、仕訳に加えるひとつの工夫とは、「仕訳に【増減情報】を表示しておく」ことです。

 借方、貸方の科目の後ろに(+)か(-)を表示することにより、少なくとも読む人には、仕訳の意味がわかるようになるのです。

 私もこれはズゴイことだと思ってすぐ感想を書き込みました。

 お気づきでしょうか。それ以来私がお客様への仕訳には、すべて(+)(-)をつけるようになっています。

------------------------------------------------------------

恐れ入りますが、本日もお最後にクリックのご協力をお願いします。
  ↓↓↓
人気blogランキング

-------------------------------------------------------------------
全国有名書店で発売中です。
利益が見える戦略MQ会計
posted by 税理士 名古屋/名古屋市緑区のよねづ税理士事務所 at 21:05 | Comment(2) | 日記

ツキを呼び込む魔法の言葉

2006年07月12日−税理士 名古屋市/名古屋の税理士事務所

ブログランキングに参加しています。応援の1クリックをお願いします。
  ↓↓↓
名古屋市緑区「税理士もサービス業奮闘記」のランキングは?
名古屋の税理士では何位?
 先日ある知人からいただいた小冊子を読んでみました。

 そこには、「ツキを呼び込む魔法の言葉」が書いてありました。


 一つは、「ありがとう」

 もう一つは、「感謝します」

 この2つをどのように使いわけるのか、って疑問に思いますよね。


 「ありがとう」は何か嫌なことがあった場合に使うそうです。
 あとえ、自分の親が亡くなっても、歯を食いしばって「ありがとう」と言うべきだそうです。

 不幸は重なるというのは、この世の法則だそうですが、
 そこで「ありがとう」ということによって、その不幸の鎖が断ち切れてしまうそうです。

 それだけではなく、逆に良いことが起こるそうです。


 もうひとつの「感謝します」は、何か良いことがあった場合に使うといいそうです。


 この「ありがとう」「感謝します」のほかにも「ツイている」という言葉も幸運を運んできてくれるようです。

 これらの「言葉の力」が運を呼び込んでくれるくれるそうです。



 私も自分のことを考えてみると、仕事のことに限っても、

 昨年独立開業でき、お客様もまずまず順調に増え、本を出版でき、
セミナー講師もでき・・・

 やはり「ツイています」。「感謝」しなければいけません。


 これからますます運を呼び込むように、できるだけ多く言いたいと思います。

 「ありがとう」「感謝します」「ツイています」


 皆さんも実践されてはいかがでしょうか。


-----------------------------------------------------------------
恐れ入りますが、最後にクリックのご協力をお願いします。
人気blogランキング



全国有名書店で発売中です。
利益が見える戦略MQ会計
posted by 税理士 名古屋/名古屋市緑区のよねづ税理士事務所 at 22:50 | Comment(0) | 日記

電子申告より上手があったとは驚きです!

2006年07月10日−税理士 名古屋市/名古屋の税理士事務所

ブログランキングに参加しています。応援の1クリックをお願いします。
  ↓↓↓
名古屋市緑区「税理士もサービス業奮闘記」のランキングは?
名古屋の税理士では何位?
 皆さんご存知のとおり、税金の電子申告が普及しておりません。
 納税者にほとんどメリットがなく、申告手続きも煩雑なため無理もありません。
 私も、お客様にはすすめておりません。

 ○○○全国会では、テレビCMで普及に努めている様子を宣伝しているようですが、使いやすいシステムであれば、無理に普及させようとしなくても自然に広がるものです。

 そんな電子申告が一番普及率が低いと思ったら、比較にならないほど利用されていない電子申請がありました。


【共同通信のニュースより】 
「財務省が無駄遣いの有無を点検する予算執行調査で、廃止の検討を求めた旅券(パスポート)の電子申請システムについて、外務省は10日、来年度予算の概算要求に盛り込まない方針を明らかにした。電子申請の受け付けは、本年度末で中止される見通し。
 外務省幹部は「住基ネットのカードが広がっていないことなども利用者の少ない理由の一つだが、とりあえずシステムを凍結する。将来にわたってやめるわけではない」と説明している。
 財務省の調査によると、2005年度の旅券電子申請の利用件数は総発給件数約375万件のうち103件にすぎなかったが、システム維持費は年8億円超に上った。」


 375万件分の103件とは恐れ入りました。これには、電子申告も負けますね。
 全くの税金の無駄使いです。

-----------------------------------------------------------------
恐れ入りますが、最後にクリックのご協力をお願いします。
人気blogランキングへ
全国有名書店で発売中です。
利益が見える戦略MQ会計
posted by 税理士 名古屋/名古屋市緑区のよねづ税理士事務所 at 19:33 | Comment(0) | 日記

やっぱりPQよりMQが大切です。

2006年07月06日−税理士 名古屋市/名古屋の税理士事務所

ブログランキングに参加しています。応援の1クリックをお願いします。
  ↓↓↓
名古屋市緑区「税理士もサービス業奮闘記」のランキングは?
名古屋の税理士では何位?
ランキングへ参加します。よろしければクリックをお願いいたします。
 ↓
人気blogランキングへ

-----------------------------------------------------------------
 3日連続での同族会社オーナー課税セミナー講師が終了しました。
 特に1日目は富山日帰りでしたので、体力的にきついです。

 しかし、そんな贅沢な悩みを言ってはバチが当たりますね。

 セミナー講師として人前で話しをさせていただけるのは、本当に幸せです。
 講師として招いていただいた方々には、ただただ感謝です。

 セミナーでは新しい出会いもあります。こちらも大きな魅力ですね。


 ところで、セミナーの前にお客様へ訪問したのですが、うれしいことがありました。

 このお客様は、2月の「戦略会計セミナー」にも参加していただいたのですが、

 「PQ(売上高)よりもMQ(粗利益、付加価値)が大切なのです!」

ということを理解していただき、数字の管理はPQではなくMQで行ってみえました。

 さらには、セミナーに参加された方はわかると思いますが、あの○○○バンクの○さんが実践されていた「あのグラフ」を実行されていたのです。

 もちろん縦軸はPQでなくMQです。

 すばらしいですね。うれしくなりました。


 そして今日は、「利益感度分析」をお客様の数字で行っていただき、どこを変えると効率的に利益に貢献するか、を実感していただきました。

 この考え方を利用して、ますます利益を上げていただきたいですね。

 そして、ほかのお客様にも「戦略会計」の考え方を広めていきたいと思います。
全国有名書店で発売中です。
利益が見える戦略MQ会計
posted by 税理士 名古屋/名古屋市緑区のよねづ税理士事務所 at 22:45 | Comment(0) | 日記

苦情をいただきました。反省!

2006年07月05日−税理士 名古屋市/名古屋の税理士事務所

ブログランキングに参加しています。応援の1クリックをお願いします。
  ↓↓↓
名古屋市緑区「税理士もサービス業奮闘記」のランキングは?
名古屋の税理士では何位?
 先日お客様へ送付させていただいた、源泉所得税納付書の件で、
本日苦情をいただきました。


・税理士報酬から控除する所得税も給料分と一緒に納付するとは、説明を受けていない。

・税理士等の報酬欄の内訳資料がない。


の2点です。


 このお客様は、初めて税理士と契約されたため、前回までは源泉所得税のう納付時は、給料分だけでした。
 そして、非常にまじめな方で、源泉所得税を別にプールされていました。

 そこへ税理士報酬に対応する所得税分も記載された納付書が私から届き、
プールしてあった金額では足りなくなってしまったのです。


 このように、税理士等と初めて契約されたお客様に対して、
税理士報酬等からも源泉所得税を控除しなくてはならない規定になっており、
給料から控除した所得税納付時に一緒に納付していただくてはならない旨を説明するべきでした。

 また、送付した納付書には、給料の月別集計表は同封したのですが、税理士等の報酬に関する集計表は同封しなかったため、納付書の金額の根拠がわからない、という結果になってしまいました。


 今回の苦情は、全く私の説明不足、資料不足によるものです。
 反省すべき点です。

 このお客様には、早速説明と明細を送付させていただきました。
 ほかのお客様についても、近日中に対応をさせていただくことにします。


 このように苦情を言っていただけるのは、とてもありがたいことです。
 何も言わず不満がたまっていくのだけは防ぎたいと思っております。

 「税理士もサービス業である」の意識で仕事をすすめているつもりでも、
お客様から見れば、まだまだなところが多いようです。

 一つ一つ解決していきたいと思います。
 
全国有名書店で発売中です。
利益が見える戦略MQ会計
posted by 税理士 名古屋/名古屋市緑区のよねづ税理士事務所 at 00:09 | Comment(1) | 日記
税理士 名古屋/愛知県名古屋市緑区の税理士事務所
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。