税理士 愛知県名古屋市/名古屋の税理士事務所

商売人の立場と税理士の立場

2005年10月27日−税理士 名古屋市/名古屋の税理士事務所

ブログランキングに参加しています。応援の1クリックをお願いします。
  ↓↓↓
名古屋市緑区「税理士もサービス業奮闘記」のランキングは?
名古屋の税理士では何位?
本日、過去5期無申告という法人のお客様が来所されました。

税務署からもかなり申告するように言ってきているそうです。

今回のお客様と私の立場を客観的に見ると、言い方は悪いと思いますが、
私が優位に立っての交渉です。

このような場合、通常の商売人であれば、金額等自分の有利な条件を提示して契約する、というのが鉄則ですよね。

しかし、税理士の立場としては、それだけでは済みません。
せっかく申告しようとしている納税者の方の行動を抑えてしまう結果になるかもしれません。

その反面、状況がよくわからないのにボランティア精神だけで契約するのは、危険が多きすぎます。

このあたりが、非常にむずかしいところです。

今回は、ボランティア精神80%ぐらいの気持ちで金額と支払い方法を提示させていただいた結果、契約いただくことになりました。
私のこのような気持ちは伝わったのでしょうか。
全国有名書店で発売中です。
利益が見える戦略MQ会計
posted by 税理士 名古屋/名古屋市緑区のよねづ税理士事務所 at 19:55 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

中小企業庁のパンフレット

2005年10月26日−税理士 名古屋市/名古屋の税理士事務所

ブログランキングに参加しています。応援の1クリックをお願いします。
  ↓↓↓
名古屋市緑区「税理士もサービス業奮闘記」のランキングは?
名古屋の税理士では何位?
昨日になりますが、中小企業庁から各種パンフレットが届きました。
以前に発送を依頼していたものです。

届いたパンフレットの種類は、お客様への配布用に
・「新会社法33問33答
・「中小企業の会計30問30答
でした。

中小企業庁のパンフレットは結構うまくまとめられています。
今回は既に入手したため発送依頼しませんでしたが、
中小企業税制46問46答」も非常にわかりやすいと思います。
私も結構利用します。

このパンフレット類は、商工会議所、商工会などでも配布していますが、
まだまだ知らない方も多いようです。

こういった広報については、もっとお金をかけてもよいのではないでしょうか。

これらは、中小企業庁のホームページからダウンロードもできます。

→ダウンロードされる方はこちらから
全国有名書店で発売中です。
利益が見える戦略MQ会計
posted by 税理士 名古屋/名古屋市緑区のよねづ税理士事務所 at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

いよいよ税制改正論議本格化

2005年10月25日−税理士 名古屋市/名古屋の税理士事務所

ブログランキングに参加しています。応援の1クリックをお願いします。
  ↓↓↓
名古屋市緑区「税理士もサービス業奮闘記」のランキングは?
名古屋の税理士では何位?
 いよいよ来年度の税制改正の論議が本格的にスタートします。
 
 昨日は、自民党の財政改革研究会が消費税の税率アップ+福祉目的税化などの中間報告を行いました。

 政府税制調査会も本日総会を開いて、税制改革論議をスタートさせました。
 今回は、明らかに増税論議ですので、その議論の過程を注意深くみていこうと思います。


 話は全く変わりますが、ラッピングバスやラッピング電車は数年前からよく見かけますね。
 今日、栄(名古屋市)へ行ったところ、エスカレーターのベルトがラッピング広告になっていました(もしかしたら以前からあるのかもしれません)。
 それも、あるテレビ番組の広告で、サルの顔の印刷です。

 でも、ちょっとやりすぎのように思いませんか。
 エスカレーターに乗っていても、どうも落ち着きません。
 せめて、デザインを考えてほしいところです。
 
 こうなると、スペースがあって目に付く場所はどこも広告の対象になるのでしょうか。
 
全国有名書店で発売中です。
利益が見える戦略MQ会計
posted by 税理士 名古屋/名古屋市緑区のよねづ税理士事務所 at 21:25 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

節税テクニックと常識

2005年10月24日−税理士 名古屋市/名古屋の税理士事務所

ブログランキングに参加しています。応援の1クリックをお願いします。
  ↓↓↓
名古屋市緑区「税理士もサービス業奮闘記」のランキングは?
名古屋の税理士では何位?
 今日、taxMLで退職金の準備方法について書き込みをしていましたら、先ほど主催者の先生より戒めの言葉をいただきました。


「 私達が語るのは常識ではないかと。そしたら、この手の節税って、常識ではなく、テクニック。テクニックを語る人達って、結局は、テクニックに溺れ、常識とは異なる判断基準を自分自身の中に醸成してしまうのではないかと。」


 もっともです。テクニックに溺れる方向に行くところでした。
 常識をしっかり持ち続けたうえで、お客様のニーズに対して節税などのテクニックの提案もすべきですね。
 節税のテクニック使うのが当たり前で、使わないのはおかしい、なんて思うようになってしまうと、かなりあぶないですね。


全国有名書店で発売中です。
利益が見える戦略MQ会計
posted by 税理士 名古屋/名古屋市緑区のよねづ税理士事務所 at 20:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

誤りやすい消費税

2005年10月21日−税理士 名古屋市/名古屋の税理士事務所

ブログランキングに参加しています。応援の1クリックをお願いします。
  ↓↓↓
名古屋市緑区「税理士もサービス業奮闘記」のランキングは?
名古屋の税理士では何位?
 今日も研修会「事例に学ぶ誤りやすい消費税の実務」へ参加です。

 今週をふりかえってみると、午後は火曜日を除き4回セミナーへ参加したことになります。
 午前中:来客又は仕事、午後:セミナー、夜:仕事というパターンでした。


 今日の消費税のセミナーからの事例を一つ紹介します(専門的です)。

 通常期は消費税の非課税売上はほとんどないため、課税仕入れに係る消費税の全額を控除できたが、今期は、たまたま土地の売却収入(非課税売上)があったため、課税売上割合が95%を大きく下回ってしまい、個別対応方式を適用しても、通常より消費税の負担が多くなりそう、というもの。

 このような場合、税法や通達には規定されていないが、課税庁内部の扱いで、次の(1)又は(2)の割合のいずれか低い割合により「課税売上割合に準ずる割合」の承認申請ができるという弾力的な取り扱いがあるとのこと(平成16年版「回答事例・消費税質疑応答集」大蔵財務協会刊)。

(1)その土地の譲渡があった課税期間の前3年に含まれる課税期間の通算課税売上割合
(2)その土地の譲渡があった課税期間の前課税期間の課税売上割合

 このような情報が得られることもあり、勉強すべきこともあり、すでに知っていることでも繰り返し確認しておかないといけないため、今後も意欲的に参加していこうと思っております。
全国有名書店で発売中です。
利益が見える戦略MQ会計
posted by 税理士 名古屋/名古屋市緑区のよねづ税理士事務所 at 19:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
税理士 名古屋/愛知県名古屋市緑区の税理士事務所
SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。